カロリー制限食と糖質制限食を使い分けよう

私は、30代半ばの男性会社員です。中肉中背でいわゆるメダボリックというわけではありませんが、健康に気を使う年頃になりました。体重はもちろん、血圧や血糖値などいろいろな健康のパラメータが気になります。
そんな中、自分の祖父が糖尿病であったこともあり、少し自分の血糖値の値が気になってきました。空腹時血糖値も110以下で正常圏内ではあるものの、自分の食生活がかなり不規則で、高カロリーなものが大好きなのでこのまま放置すればやがて自分も糖尿病になってしまうのではないかと心配しています。
そこで、食生活に気をつけているのですが、最近大きな認識違いがあることを知りました。
私は健康を考え、カロリーの低そうなうどんやお蕎麦などを食べるようにしていたのですが、いかにもヘルシーそうな効した食品は、確かにカロリーは低いのですが、糖質は非常に多く、糖質制限食としてはあまり向いていなかったということです。たとえば、焼肉もいかにも身体に悪そうな気がしますが、ご飯と一緒に食べなければ血糖値はそれほど上がらないというデータがあるそうです。
カロリー制限食と糖質制限食、それぞれ目的が違うので、自分の健康状態とあわせて考えていかなければ、かえって健康を損なうこともありそうです。

参考サイト

血糖値をぐんぐん下げる5つの対策方法